FC2ブログ

富嶽36景 神奈川沖浪裏を摺る

季節が変わる少し前のこと。ご縁がありまして、浮世絵の摺師と言葉を交わす機会に恵まれました。

摺りの手ほどきをうけながら完成させたのが、「富嶽36景 神奈川沖浪裏」。私は、砕け落ちる波の水色を摺らさせていただきました。

富嶽36景 神奈川沖浪裏

「多種多様な図柄の中で、どれを摺っていて一番楽しいと感じますか」の問いに、「どれも楽しい」と輝く目でお答えになったのが印象的でした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

いわさきちひろ と 岩崎ちひろ

一冊の絵本。
子どもの時分、誕生日プレゼントであった絵本「おふろでちゃぷちゃぷ」

いわさきちひろの絵本_1

いわさきちひろ、絵描きです。」に訪れた後、何の気なしに眺めていると、、、「『岩崎』ちひろ?『いわさき』ちひろではなく?」

いわさきちひろの絵本_2

どうやら、初期作品には「岩崎ちひろ」名義のものがあるのだとか。

いわさきちひろ、絵描きです。」は、東京ステーションギャラリーにて9月9日まで開催中。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

「いわさきちひろ、絵描きです。」

当ブログ「いわさきちひろ 画家になるまで」でふれた「いわさきちひろ、絵描きです。」を鑑賞した。

いわさきちひろ、絵描きです。

たらし込み
水を含んで、よれた紙
左右が逆転した原画
切り貼りの跡
くしゃくしゃに揉み込んでから彩色された紙

いわさきちひろの名を聞いて、即座に思い浮かぶであろうイメージは、にじみ、ぼかしの技法で表現された淡い色合いでなす子どもたち。だが、それだけではない、いわさきちひろの作品が、その背景や工夫のさまを交えながら、永い時を刻んだレンガを壁にして展示されていた。

「いわさきちひろ、絵描きです。」は、東京ステーションギャラリーにて9月9日まで開催中。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

「いわさきちひろ 画家になるまで」

自分の作風に固執せず、外から刺激を受けるために、気になる展覧会には足を運ぶようにしています。目下のところ気になっているのは、「いわさきちひろ、絵描きです。」- 生誕100年を迎えて東京ステーションギャラリーにて開催中。

いわさきちひろ

その記念講演会「いわさきちひろ 画家になるまで」を聴講してきました。ちひろの生い立ちから、師事した画家達、その画家達の影響など、美術的な要素を中心とした、学術的とも言える内容でした。

展覧会には日を改めて行ってきます。「いわさきちひろ、絵描きです。」は9月9日まで。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

銀杏とムクドリ

道すがら目にした銀杏の巨木。きっと木の精が宿っているはず。

枝々の合間から、ムクドリの鳴き声がひっきりなしに聞こえてくる。だけども、目を凝らせど一羽も見つけることできず。ムクドリらの今夜の寝床。

木の精


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村
関連リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ